LIBORの恒久的公表停止可能性に関する対応

金利指標改革を巡って、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、2021年末をもって恒久的に公表停止されるリスクが高まっています。これを受け、政府日銀は、金融関係事業者向けに、対応に関する情報を随時アップデートしています。

LIBORは多くのデリバティブ取引で用いられているほか、各種金融取引・有価証券発行の参照指標になっている場合があります。影響を受ける事業者は、予め十分に情報を収集し対応を検討する必要があります。

LIBORの恒久的な公表停止に備えた対応について(金融庁HP)

「日本円金利指標の適切な選択と利用等に関する市中協議」の取りまとめ結果の公表について(日本円金利指標に関する検討委員会)(日銀HP)

お気軽にお問い合わせください

お電話無料相談窓口 03-6434-7184 受付時間 : 9:00 -17:00  営業曜日 : 月〜金(除祝日)
メール無料相談窓口メールでのご相談はこちらをクリック